他人とコミュニケーションをとる為には、必ず会話(途切れた時のことを天使が通ったと表現することもあります)が必要になってくるんですよね。この会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)の時に、相手の話している言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)をすぐに理解することが出来なかったり、会話(コミュニケーション力と言い換えることもできるかもしれません)をした時に上手く言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)を発声する事が出来ないという障害がありますね。これはコミュニケーション障害と言った障害で、発達障害の一つですからす。この障害を克服するには、さまざまな治療法が使用されているのです。カウンセラー(基本的には、具体的なアドバイスや対策を提案するわけではなく、あくまでもクライアントが悩みなどを解決するサポートをするだけです)や臨床心理士(臨床心理士を指すことも多いですが、心理に関する仕事についている人全般をいうこともあります)などとともに、言語やコミュニケーションの訓練を行う事も克服一つの方法ですよ。コミュニケーションをとる上で何よりも重要なのが言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)です。発音や会話(途切れた時のことを天使が通ったと表現することもあります)のリズムを改善させるための訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)や発行うケースのできる単語(とにかく?をたくさん覚えることで、語学の習得につながっていくでしょう)を増やしていく訓練(意思が強けれね、自分で自分を鍛え直すこともできますが、大抵の人には難しいものですよね)を行っていきます。乳幼児期でコミュニケーション障害と診断された場合は、すぐに病院やカウンセラー(クライアントの精神的悩みをきき、助言を行います)を紹介してもらうことが出来ると思います。でも、成人になってから自分はコミュニケーション障害かもしれない・・・と感じた場合、まずは色々な情報を探してみましょう。書籍に限ったことではなく、インターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)で検索してみたら、コミュニケーション障害について書かれているサイトもあって、ブログ(ウェブサイトの一種で、ウェブログの略称です)を書いている本人が障害の当事者だったりする事もありますので、きっと参考になると思います。それに、コミュニケーション障害などの発達障害を専門に支援している発達障害者支援センターといった機関も各都道府県あるみたいです。あなたの障害が要因で、学校や職場などで孤立してしまいやすいで不安やストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)を感じている人がいらっしゃるようであれば、是非この機関を一度利用して頂いた方がいいんですー